英語力を活かしてアメリカで就職するポイント

英語を活かした就職で一番人気の国が、やはりアメリカです。
世界の中心で刺激的なニューヨーク、穏やかな気候で開放的なロサンゼルスなど各都市に魅力がありますね。
憧れのアメリカ就職をするために必要なことや、押さえるべきポイントをまとめてみました。

アメリカの就職で最も大変なのはビザ取得

アメリカのビザの種類は複数ありますが、その中でも仕事ができるビザは限られています。
一番真っ先に思いつく就労ビザは取得がとても困難で、専門の弁護士などに依頼すると高額な費用もかかってしまいます。また、取得の条件もあり厳しいです。
日本からアメリカへ就職する際によく使われるのが、インターン研修ビザと言われるものです。
最長で18ヶ月という期間限定ではありますが、比較的取得しやすく、日本の企業が研修でアメリカに派遣する場合に取得したりします。アメリカ就職を斡旋しているサイトなどでも、こちらのビザをサポートしているところが多く見受けられます。
他にフリーランスで働く方はアーティストビザなど、日本での活動を認めてもらい出してもらうビザもあります。

アメリカで就職する方法

英語を活かしたアメリカの求人というとまず思いつくのが現地の会社に就職するということですが、こちらはかなりの英語力が要求されるのでとても難しいでしょう。技術職などで英語+アルファの何かアピールポイントがあれば就職することは可能です。
アメリカに支社がある日系の企業で雇ってもらうのが比較的スムーズに就職できる方法のひとつです。
日本語も通じるので、アメリカで就職したばかりでもわからないことを聞けて安心感できるでしょう。
他には、アメリカに本社を置いている外資系企業へ就職するという方法もあります。こちらは世界中にある支社で働くスタッフとの椅子の取り合いになるので、ハードな競争になることが予想されますが、キャリアが確実に積め待遇も期待できるので魅力的な転職先となっています。

憧れのアメリカ就職を実現させよう

ハードルは高いですが、情報を収集しつつ着実に活動していけば夢ではないアメリカ就職。ライバルたちに負けないよう、日々英語力も磨いていきましょう。

関連する記事